注目

GREETINGごあいさつ

身体の状態や
障害の程度は
一人として同じではない。

フィジオジャパンでは「あなたのためのオーダーメイドリハビリテーションサービス」をコンセプトに、お一人おひとりに合ったリハビリテーションを提供いたします。

身体の状態や後遺障害の程度は一人として同じではありません。 しかし、様々な制限や規則のある保険制度の枠組みでは、リハビリテーションの必要のある方すべてに最適なサービスを提供することができません。

保険を使わないことで、制限なく自由で価値あるリハビリテーションを受けることができます。

詳しいサービス内容は、ぜひホームページをごらんください。

ブログでは最新のリハビリの知識や制度、様々なことを発信していきます。

痙縮とは?


痙縮の治療(手足のつっぱり・こわばり) 痙縮(けいしゅく)とは、筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。痙性麻痺と言われることもあります。

指が握ったまま開きにくい、肘が足先が足の裏側へ曲がってしまうなどの症状が多く見られます。 脳卒中患者の約4割に痙縮が発生すると言われています。

ある程度の緊張は体を支えるのに必要ですが、痙縮が強いと着替えや食事などの動作がしづらくなる、歩くときのバランスが悪くなるなど日常生活に支障が出てきます。

また痙縮を放置しておくと、筋肉が硬くなってしまい関節の動きが制限されます。これを拘縮(こうしゅく)と言います。

こうした二次障害を予防するためにも痙縮を和らげる治療が重要になります。 では痙縮の治療法にはどのようなものがあるでしょうか。

・薬物療法  筋肉緊張を和らげる効果のある薬を内服します。

・神経ブロック療法  筋肉を緊張させている神経に薬物を注射し神経の伝達を遮断します。

・ボツリヌス療法  緊張している筋肉に直接ボツリヌス毒素を注射することにより筋肉の緊張を緩めます。

・外科的治療  筋肉を緊張させている神経を部分的に切断する、短縮してしまった腱を延長するなどの手術をします。

・リハビリテーション(運動療法)  筋肉の緊張を緩めるため、マッサージ、ストレッチ、運動療法、装具療法を行います。

以上のような治療法が代表的です。

痙縮の程度や治療の効果性は人それぞれです。主治医と相談して治療法を決めていくことをお勧めします。

いずれの治療法を選択するとしても、理学療法士によるリハビリテーションと組み合わせることで治療効果がより高まります。

痙縮に対するリハビリテーション 痙縮を治療し筋肉の緊張が緩んでも、そのまま動かさなければ関節可動域は改善しません。 しかしストレッチやマッサージも、適切な方法で行わないとかえって筋肉の緊張を高めてしまう場合があります。

また、痙縮が生じている手足の関節を強い力で無理に動かすと、筋肉や関節を痛めて症状を悪化させてしまう恐れがあります。

治療効果を高めるためには、医学的知識を持った専門家の指導のもとリハビリテーションを実施することが重要です。

リハビリにより筋緊張や拘縮のコントロールが劇的に変化することがあります。

フィジオジャパンでは無料の体験リハビリを実施しております。

脳梗塞や脳出血による麻痺や筋肉の過緊張にお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

集団体操は効果的なのか?

自費 保険外 リハビリ 
集団体操

集団体操と個別リハビリテーションの効果について

集団体操

施設やデイサービスでは、よく実施されているプログラムのひとつではないでしょうか。

では、その効果にはどういったものがあるかご存知ですか?一番大きいのは、集団での効果です。

・チームワーク

・集団活動(生活) 能力の構築

・自己確認

・楽しみや満足感の共有

などがあり、身体面よりも精神面での効果が主となります。チームワークや集団活動能力に関していうと、

子供の活動には重要なポイントとなりますが、年齢を重ねられた方に関しては、ある程度構築されている能力になります。

また、集団体操の効果を得るためには、身体・精神機能が同レベルであり、参加意欲の高い人たちが集まることが必要となります。

では、認知症進行予防に集団体操を取り入れる場合、効果はあるのかというと、、、

それだけでは不十分だといえます。

 

ここでいくつか、認知症者の運動に関する研究をご紹介します。

・強度の高い機能的な体重負荷運動は認知症の人の志気を高め、抑うつを改善できる

・ウォーキングと筋力・バランス訓練を組み合わせた運動は認知症の人の抑うつ改善と介護者負担軽減に繋がる

・運動療法、ADL訓練、認知機能等、多様な要素からなる複合的な介入を行うことで、社会行動、IADLや気分、記憶スコアの改善が見られる

 

ほかにも多くの認知症の人の運動に関する研究は行われていますが、以上のような研究論文が散見されます。

その人にあった負荷量を設定し、ウォーキングや筋力・バランス訓練を実施し、ADL訓練や認知機能訓練と複合的におこなうことが重要ということです。

パーソナルリハビリテーションであればそれぞれにあったプログラムを作成しサポートすることができます。

ぜひ一度体験してみてください!!