痙縮とは?


痙縮の治療(手足のつっぱり・こわばり) 痙縮(けいしゅく)とは、筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。痙性麻痺と言われることもあります。

指が握ったまま開きにくい、肘が足先が足の裏側へ曲がってしまうなどの症状が多く見られます。 脳卒中患者の約4割に痙縮が発生すると言われています。

ある程度の緊張は体を支えるのに必要ですが、痙縮が強いと着替えや食事などの動作がしづらくなる、歩くときのバランスが悪くなるなど日常生活に支障が出てきます。

また痙縮を放置しておくと、筋肉が硬くなってしまい関節の動きが制限されます。これを拘縮(こうしゅく)と言います。

こうした二次障害を予防するためにも痙縮を和らげる治療が重要になります。 では痙縮の治療法にはどのようなものがあるでしょうか。

・薬物療法  筋肉緊張を和らげる効果のある薬を内服します。

・神経ブロック療法  筋肉を緊張させている神経に薬物を注射し神経の伝達を遮断します。

・ボツリヌス療法  緊張している筋肉に直接ボツリヌス毒素を注射することにより筋肉の緊張を緩めます。

・外科的治療  筋肉を緊張させている神経を部分的に切断する、短縮してしまった腱を延長するなどの手術をします。

・リハビリテーション(運動療法)  筋肉の緊張を緩めるため、マッサージ、ストレッチ、運動療法、装具療法を行います。

以上のような治療法が代表的です。

痙縮の程度や治療の効果性は人それぞれです。主治医と相談して治療法を決めていくことをお勧めします。

いずれの治療法を選択するとしても、理学療法士によるリハビリテーションと組み合わせることで治療効果がより高まります。

痙縮に対するリハビリテーション 痙縮を治療し筋肉の緊張が緩んでも、そのまま動かさなければ関節可動域は改善しません。 しかしストレッチやマッサージも、適切な方法で行わないとかえって筋肉の緊張を高めてしまう場合があります。

また、痙縮が生じている手足の関節を強い力で無理に動かすと、筋肉や関節を痛めて症状を悪化させてしまう恐れがあります。

治療効果を高めるためには、医学的知識を持った専門家の指導のもとリハビリテーションを実施することが重要です。

リハビリにより筋緊張や拘縮のコントロールが劇的に変化することがあります。

フィジオジャパンでは無料の体験リハビリを実施しております。

脳梗塞や脳出血による麻痺や筋肉の過緊張にお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

脳卒中予防について

脳梗塞 脳出血 予防

脳卒中は予防のできる病気です

普段の生活習慣を見直し、危険因子をできるだけ減らしていくことが重要です。

脳卒中の危険因子は

1)高血圧

2)糖尿病

3)高脂血症

4)心疾患

5)生活習慣

これらに加え、遺伝的な要因や加齢によるものがあります。

ここに上げた5つの危険因子については予防することができます。

予防方法には、危険因子とされる病気の治療や生活習慣・食生活の改善、定期的な脳ドックなどがあります。

ここでは、生活習慣の改善として適度な運動を行うことをピックアップして記載していきます。

では、なぜ脳卒中の予防に適度な運動が必要なのかというと

米国での調査になりますが、脳卒中の運動不足の人は脳卒中の発症が20%高まるとの報告がされています。

運動の効果については、運動は内臓脂肪を燃やし血糖値や中性脂肪値を下げ、血圧を下げる効果があるとされています。

ここで、報告されている運動効果は「有酸素運動」を実施することで得られる効果になります。

ですので、脳卒中の予防に運動習慣を取り入れる場合、歩行・ジョギング・水泳などの有酸素運動を行うことが推奨されています。

となると、有酸素運動を「どれくらいの負荷量で」「どれくらいの頻度」行えば良いのか疑問になります。

実際にインターネット等で調べてみると、予防のための運動基準は様々で、どれが正しいのか判断が難しいかと思います。

健康な方であれば色々試してみて自分に合った運動を行うことができますが、既に高血圧や糖尿病などの診断がある方については、より専門的な知識をもって運動基準を設ける必要があります。

運動中も血圧や脈拍などのメディカルチェックを行いながら取り組むことで、より効果的に安全に運動に取り組むことが可能になります。

フィジオジャパン リハビリ 自費 訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

 

脳卒中について

脳出血 脳梗塞 リハビリ

 

脳卒中にはいくつかの種類があり、脳の血管がつまることで、脳細胞に障害が生じる脳梗塞と脳の血管が破れて出血することで脳細胞に障害を生じる脳出血、くも膜下出血に分けられます。

さらに細かく分けてみていくと、脳梗塞は比較的大きな血管が動脈硬化などで狭くなり起こる「アテローム血栓性脳梗塞」、高血圧が原因で脳の細い血管が変性してつまってしまう「ラクナ梗塞」、心臓にできた血栓が脳に運ばれて血管を塞いでしまう「心原生脳塞栓症」、一時的に脳の血管がつまるが、すぐに血流が再開する「一過性脳虚血発作」脳出血は脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の表面にできた動脈瘤が破れ、くも膜下に出血する「くも膜下出血」に分けられます。

脳卒中の患者数は約150万人とされています。近年の高齢化や糖尿病・高脂血症といった生活習慣病の増加により、その患者数は増加傾向にあります。

発症を予防する目的に行う運動指導から、後遺症により生じた機能障害や歩行障害、生活動作を改善するためにリハビリは非常に重要です。

予防、後遺障害の病態(高次脳機能障害、麻痺など)、効果的なリハビリについて詳しく連載していきます。

フィジオジャパン リハビリ 自費 訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp