集団体操は効果的なのか?

自費 保険外 リハビリ 
集団体操

集団体操と個別リハビリテーションの効果について

集団体操

施設やデイサービスでは、よく実施されているプログラムのひとつではないでしょうか。

では、その効果にはどういったものがあるかご存知ですか?一番大きいのは、集団での効果です。

・チームワーク

・集団活動(生活) 能力の構築

・自己確認

・楽しみや満足感の共有

などがあり、身体面よりも精神面での効果が主となります。チームワークや集団活動能力に関していうと、

子供の活動には重要なポイントとなりますが、年齢を重ねられた方に関しては、ある程度構築されている能力になります。

また、集団体操の効果を得るためには、身体・精神機能が同レベルであり、参加意欲の高い人たちが集まることが必要となります。

では、認知症進行予防に集団体操を取り入れる場合、効果はあるのかというと、、、

それだけでは不十分だといえます。

 

ここでいくつか、認知症者の運動に関する研究をご紹介します。

・強度の高い機能的な体重負荷運動は認知症の人の志気を高め、抑うつを改善できる

・ウォーキングと筋力・バランス訓練を組み合わせた運動は認知症の人の抑うつ改善と介護者負担軽減に繋がる

・運動療法、ADL訓練、認知機能等、多様な要素からなる複合的な介入を行うことで、社会行動、IADLや気分、記憶スコアの改善が見られる

 

ほかにも多くの認知症の人の運動に関する研究は行われていますが、以上のような研究論文が散見されます。

その人にあった負荷量を設定し、ウォーキングや筋力・バランス訓練を実施し、ADL訓練や認知機能訓練と複合的におこなうことが重要ということです。

パーソナルリハビリテーションであればそれぞれにあったプログラムを作成しサポートすることができます。

ぜひ一度体験してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です