ポジショニングの重要性 座位

座るということは寝ている状態からの離床時間の延長による活動性の向上を目的とします。これは、自立支援のための一つの方法となります。
座位に重力に抗した活動座位と安楽な休息座位に分けられます。活動座位は良い姿勢を維持することで、座位保持能力の向上や関節の変形・拘縮等の予防になります。一方で、休息座位は一見楽に座られているように見えますが、長時間の不良姿勢が痛みや苦痛を生んでしまう恐れがあるのです。
そんな座位ですが、車椅子に座って日中を過ごされている方を多く見かけます。車椅子はそもそも移動用として作られており、椅子の機能としては十分でありません。ですから、除圧方法の検討や、休息時間の併用といった人的環境の調整、モジュール式車椅子やクッションの機能を活かしたシーティングの知識を活かした物的環境の調整が重要になってきます。良い座位は安全に・快適に・長く座ることが可能となり、意欲の向上につながります。実践例をあげると、褥瘡発生のリスク低下だけではなく、上肢の動きが改善したことで食事の介助量軽減につながった方もいらっしゃいます。
どうしたら良い坐位姿勢を作れるのか疑問をお持ちの方、オーダーメイドリハビリテーションでは一人一人にあった、良い座位姿勢を提案することが可能です。お気軽にご相談ください。

フィジオジャパン リハビリ 自費訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です