認知症の方への運動の必要性

認知症の方は運動療法の対象となるのか、運動療法の必要性についてお話します。

認知症の方はバランス能力や動作能力が低下しやすいことが最近の研究にて観察されています。

さらに、認知症高齢者における認知・精神機能状態は,転倒発生に影響する要因の一つであり、認知機能障害では1.8倍、うつでは2.2倍程度に転倒リスクが上昇するとされています(Rubenstein et al. 2002 )。

一度転倒を経験してしまうと、その恐怖感から外に出ることを避けたり、今まで出来ていたことへの自信が無くなったり、そういった自分に情けなさを感じてしまったりと、2次的に活動制限を招いてしまったり、周辺症状(BPSD)の誘発の恐れがあります。

そうなると、より一層転倒リスクは増加し、活動性が低下したことで、認知症の進行促進や廃用性の身体機能低下に繋がりかねません。

認知症の方は、転倒リスクが高いことや、活動性の低下を招くリスクが高いことをふまえると、認知能力の低下だけで身体能力に問題が無さそうな方であっても、身体機能への介入が重要なことが言えます。また、身体が思うように動かせなくなってしまった高度進行期の認知症の方に対しても、その人の残存機能を活かした動作指導や廃用の進行予防、さらに、安楽で安心できる座位・臥位のセッティング等も行うことが可能です。

認知症の進行に合わせたあらゆる場面で、運動療法を通してその人が長く安定した生活を送るための支援を行うことが大切です。

フィジオジャパン リハビリ 自費 訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

認知症対策と予防②

有酸素運動 認知症 リハビリ前回から認知症予防について、そのトレーニング方法をご紹介しております。
今回は予防的トレーニングとして、有酸素運動をご紹介します。
まずはその効果について、
軽度の運動を一定時間継続することで、呼吸数や量が増し血液中への酸素の取り込みが積極的に行われます。これは、血流の改善や脳や全身に向け酸素供給を増加させることに繋がるとされ、認知症予防の観点からも効果的であると言えます。さらに、心肺機能の改善や血管の柔軟性の改善、骨の強化、基礎代謝の向上など健康維持にもとても効果的なのです。

では、有酸素運動といってもその方法は様々で、至適運動強度も個人によって変わってきます。
・時間の設定
・強度の設定
・呼吸、心拍数の管理 等
効果的な運動を行うには正しい運動方法が重要です。
自己流ではなかなか効果が得られなくても、専門的な知識を持ったスタッフが一緒に運動することで効果的な運動が可能になります。

フィジオジャパン リハビリ 自費訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

 

認知症予防と対策①

認知症 リハビリ

認知症予防のために、まずは初期症状を知っておく必要があります。
初期症状として
・表情が乏しくなる
・外に出たがらない
・独り言が多くなる
・しようとすることがわからなくなる
・家族や知人の名前が出てこない 等の症状が現れます。
認知症の予防は活動的な日常生活を送ることで効果があるといわれています。
では、今回から数回に分けて日常生活を活性化する、認知症予防トレーニングを紹介していきます。
はじめにご紹介するのは、拮抗運動です。
拮抗運動とは、左右で同時に別々の運動をすることです。左右別々の動きに意識を向け運動することで、前頭葉を刺激し活性化を計ります。前頭葉は認知機能に関与する部位なので、認知症予防として効果的なのです。

例)右はグー、左はチョキなど左右の手の動きに変化をつけて様々な切り替え運動するなど
この運動は、施設様でも集団レクリエーションの手法として取り入れられているところも多いのではないでしょうか。
集団での効果ももちろん期待できますが、そこに参加できなくなってくるのが認知症です。また、認知症状に出方も様々で運動への指示の入り方も様々です。そのため、一人ひとりにあった拮抗運動の種類やリハビリに合った方法を見つけることが重要です。認知症のリハビリを専攻している理学療法士に相談することで、最適な認知症リハビリの選択をすることができます。

フィジオジャパン リハビリ 自費訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

脳卒中後遺症

有料老人ホーム リハビリ

近年の国の医療や介護の方針により、リハビリ診療報酬の改定され在院日数の短縮とともに早期在宅復帰が迫られています。回復に時間を必要としある程度の入院期間とリハビリテーションが必要となる脳卒中後遺症についても同様です。退院後のリハビリテーションでは日常生活動作の維持・向上が重要です。しかし、在宅復帰された脳卒中後遺症者の日常生活動作レベルは2年から3年間で急激な低下が指摘されており、その多くは転倒を起因とします。
また、転倒は一度経験してしまうと、その恐怖感から自ら動くことを制限し不活動を招いてしまいます。不活動は機能低下を招いてしまう大きな原因の一つです。
回復期病院を退院し在宅や有料老人ホームなどに戻られた後も継続的なリハビリが不可欠です。医療制度では外来でのリハビリを活用することもできますし、訪問リハビリテーションやリハビリ型のデイサービスを活用することもできます。また自費によるリハビリでは保険による制限なく必要なだけサービスを受けることができます。様々なサービスを活用しつつ諦めずに常に身体・生活機能の向上するようリハビリを継続することが重要です。

フィジオジャパン リハビリ 自費訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp

認知症のリハビリについて

認知症 自費 リハビリ

今や誰もがよく知る言葉となった「認知症」ですが、この「認知症」という言葉自体は病名ではないことをみなさんご存知でしょうか?
認知症とは脳や身体の疾患を原因として記憶・判断力などの障害が起こり、普通の社会生活が営めなくなった状態のことと定義されています。
認知症=記憶力の低下というイメージが強いですが、実は認知症は生活障害を表す総称なのです。その原因となる病気は様々で、アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭葉型認知症、大きくこの4種類が4大認知症として知られています。
最近、メディアでは認知症についての知識や予防のための体操が多く取り上げられていますが、なぜだと思いますか?それは、発症年齢の低下に伴い認知症者の数も増えてきているからです。さらに、介護保険取得の原因として脳血管に次いで第2位となっており認知症対策は急務なのです。
そんな認知症ですが、予防のための情報は多く拡散していますが、いざ認知症になってしまったらどうしようもできないのか?

いえ、そんなことはありません!!

認知症は生活を営むことが不自由になってしまうことの総称です。生活を診ることはリハビリテーションの一番の得意分野です。また、認知症に対するリハビリテーションの効果は世界的にも多く報告されており、病院や施設ではすでに取り入れられている所もあるかと思います。しかし、病院や施設によってはまだまだ認知症だからリハビリテーションが提供できない、認知症だから何もできないという現実があるのも確かです。
認知症状が発症したとしてもより良い生活をコーディネートする手段の一つとしてはリハビリは重要です。また、発症したとしてもリハビリにより進行を抑え、改善がみられることも多々あります。
そこで、認知症予防・発症後のリハビリテーションを専門家とともに取り組むことが大切です。保険制度上では、見逃されがちな認知症リハビリテーションも自費リハビリならしっかりと取り組むことができます。

フィジオジャパン リハビリ 自費訪問リハビリ 対応エリア 東京都 大田区 品川区、世田谷区、目黒区、港区、渋谷区、川崎市

http://www.physio-japan.jp